泥船てすかとりぽか

FC2ガ沈ムマエニ逃ゲダシマシタ。

『別冊宝島 食品のカラクリ』

別冊宝島 食品のカラクリ

世の中には知らないほうが幸せなことがたくさんあります。
殊に普段おいしいおいしいとたべてる食べ物のことに関しては。
20131601_20060615114518.jpg

そんな食い倒れ人生によせばいいのに水を挿すのがこの本。
いろんな食べ物の「できるまで」を見せてくれます。
そして食べられない食べ物を増やしてくれます。

スーパーサイズミー』以降ほんとにマックを食べてないんですが、
さらにこの本を見てアレとかアレとか吉牛とかが食べられなくなり。
吉牛はもとからあんまり食べないけれども。

最近流行りの疑惑肉こと「成型肉」のも載ってます。
でも最近西友では堂々と「成型肉」って売ってるから凄いな。
チラシとかに「成型肉 100g\40均一大市!!」とかやってるもんなあ。
そういえば、コミケの帰りに寄った豊洲のあの店も、疑惑肉だったなぁ。

その疑惑肉のサイコロステーキが大好きだったあの人は体壊したけどなあ。
てか彼は無料の牛脂を山ほどもらってきて焼いて食ってたなあ。
あれは流石にやばいと思ったなあ。

ああでも疑惑の「ロングエッグ」は食べてみたい。
どこから切ってもきれいな輪切りになるゆで卵。
お誕生日のプレゼントとかにあげたい。

話は変わりますが「空腹」の概念があるオンラインゲームはニガテです。
たしかに、ワールドシミュレータとしてはその方がリアルなんだけど。
信長の野望Online』はちょっとキャラ放置すると餓死するし。
Master of Epic』は水を探し歩いてリアルで咽乾く。
ベルアイル』はもう「餓死オンライン」だし。

ゲームの中ぐらい、ごはんの煩わしさから開放してほしい。
そもそもゲームやりながらリアルでめし食うのだって大変なのに。
モンスターのPOP時間とパスタの茹で時間両方同時に計んの大変なんよ。

そもそもオンラインゲームの攻略は、リアルの生理的欲求に大きく影響されます。
優秀とされるプレイヤーは、食事や睡眠や排泄などを必要最低限に抑え、
極めて長時間のプレイ拘束にも備えなければなりません。

故にキャラクタープロフィールのコメント欄に、
「カップめん有り」「カフェイン飲料有り」「ペットボトル有り」
とリアルの所持アイテムを記載するのは、トッププレイヤーの中では常識らしい。