泥船てすかとりぽか

FC2ガ沈ムマエニ逃ゲダシマシタ。

『P4』 仮面舞踏会

ペルソナ4』がでるらしいです。
それだけです。

    • -

"『WOW』、運営の強制措置にユーザー激怒"

中国で、人気オンラインゲーム『World of Warcraft』のバグを利用して不正な利益を得ていたユーザーがアカウント停止を受けたところ、「ゲーム内の財産を返せ!」とか「バグがあるのはゲームが悪い!」とか言って、大規模な抗議活動やら訴訟やらに発展しているというお話。

要するに、ディズニーランドで(オンラインゲームの話はディズニーに例えやすいなあ)アトラクションをタダ乗りできる方法を見つけた輩が、その情報を他人に売り飛ばして不正な利益を得ていた。ランド側はその輩に何度も警告をしたがやめなかったため、仕方なく出入り禁止にした。そうしたら、その輩が「入場料を返せ!」だの「タダ乗りできるアトラクションが悪い」だの言って、抗議活動を起こしているみたいな話。

そういう盗人猛々しい話となると「また中国か」と思われがちですが、ふつーに日本でも多い話です。殊にオンラインゲームで不正行為やってるような「モラルに欠けかつ暇がありあまっている人間」はアカウント停止とかされるとすぐに騒ぎを大きくして、注目をされたがります。他にやることがなくなるからね…。

こうしたモラルに欠けた人間は、かつては自然と社会の隅っこに追いやられて表に出てこなかったものです。でも、こうもネットコミュニティが発展しちゃうと、こういう悪意と暇ある輩が無意識に団結して騒ぎを大きくしてしまう。スタンドアローンの複合体とかなんかのアニメでいってたやつです。

そうなると、その論拠の正否や、モラルのあるなしに関わらず「大きな声を、とにかく長くあげたやつ」の意見だけがどんどん強くなっていってしまう世界。要するに「キチガイと暇人が強い」世界。最近どうもこの傾向が強くて、明らかにどう考えてもおかしい意見が「正論」としてまかり通っているような現象を多々目にします。具体的に何がとはいわないけど…。

破綻した論理がなぜか正論化されてしまう現象。『mixi』に端を発する「レス強要」の流れも、無意識にこの流れを助長しているように感じます。だってアレ、レスしろって言われたら、どんな目茶苦茶なこと書いてあったとして「ですよねー^^」って返すしかないじゃん。そんなレスが複数ついてたなら、どんなに破綻した論理でも正論です。なにこの仮面舞踏会。

ある意味、すぐに「何いってんの氏ねよカス」って言ってくれる匿名掲示板の方が、論議の場としては健全だったりもします。「ただの日記」が「特定の他人から同意を強要するための自己満足論文」に成り下がってやいないかどうか。その点は気をつけないとね。特に自分。