泥船てすかとりぽか

FC2ガ沈ムマエニ逃ゲダシマシタ。

『クローバーフィールド』 面白酔ゐ

昨夜24:00頃の山手線の混雑はやばかった。あんな惨状は流石に初めて。PSPやってたので苦ではなかったけど。そんなうちのオトモ猫の名前は「グラハム」と「ビリー」。

そんでもって今日はワーナーマイカルシネマズ板橋に買い物がてら映画みてきました。

クローバーフィールド

去年アメリカで映画観たときに、その予告編で観て気になってて、それで帰国してから調べても全然情報がなくって。後で知ったことには、ちょうどその時期だけ上映館限定でチョイ見せしてた映像だったらしいです。ただ、それ以上の前情報とか全然なしに今回観てきたところ…。

久々にドッと手汗かく程おもしろい!

ある程度の情報は既にどこにでも書いてあることだけど、やっぱり前情報なしに観たほうが圧倒的に楽しめる映画なので、ネタバレせずにこの面白さを伝えるのは本当に難しいんですけども。なんていうか、小難しいタイトルとちょっとサスペンス映画気取ったオサレ宣伝で損してますけど、何も考えずに楽しむタイプの「ド直球」のエンタメ作品です。

かといって、一から十まで手取り足取りその「楽しみ方」や「笑いどころ」を丁寧に説明してくれる昨今のハリウッド映画みたいな感じではないので、そういうマニュアル映画の観方をしちゃうと「意味がわからない映画」になってしまう点では、万人向けという意味でのエンタメではないです。

また、この映画をどう観るかで、その人の「映画の観方」がよくわかるパッチテストになるので、是非観た人にはその感想を聞きたいところ。別にツマンネと思っても、何故つまらないのかが非常に興味深いところです。とりあえず、ホラー・SF・怪獣映画好きを自称する方には絶対観てもらいたい。

ただし、手法が要するに『ブレアウィッチプロジェクト』と同じなので、非常に酔います。自分もまだ頭がぐわらんぐわらんしてるんですが、ただそれと映画の面白さは別です。(そう思うか思わないかでも、映画の観方ってちがうんだよなあ…。少なくとも『ブレアウィッチ』を映画館で観た時には、「酔うからつまらない」っていうふうに考えてました…。後で見返したら『ブレアウィッチ』もそこそこ面白い。)

ちゃんとした自分の感想はDVDでもっかい観てから書こうと思います。ネタバレもしたくないし。一つだけ言うとすれば、ホラー映画好きの自分にとっても、そんじょそこらのホラー映画なんか比較になんないくらい「怖かった」のは確か。「怖くねえホラー映画なんかホラー映画じゃねえ」というのは持論ですが、別にホラー映画じゃないんだよねコレ…。それで、またその「怖さの質」がまたクラシックかつ「ド直球」で好かったです。

言うなれば、「ものすごい怖い"ドリフのおばけコント"」ですね。