泥船てすかとりぽか

FC2ガ沈ムマエニ逃ゲダシマシタ。

『スパイダーマン2』

三連休でした。

お彼岸で親類の家(徒歩5分)に行った以外は、スーパーに買い物に行った程度で、家でゲームしたり映画観たりしてました。『TSUTAYA DISCUS』の無料宅配レンタルはなにげに便利です。ようやく無料レンタル期間が明けたので、新作をぼんぼん借りれるようになります。ようやく『おくりびと』観れる。

あと、スーパーで「揚げないからあげ粉」を買ってきてフライパンでからあげ焼いてみました。火加減の方法が全然書いてないのでテキトーにやりましたが、ふつうに強火で焼くとどうしても外だけ焦げて中が生っぽくなります。これ、弱火で蒸しいれないとだめなの?からあげなのに?

      • -

スパイダーマン2

2004年のアメリカ映画、サム・ライミ監督。
テレビでやってるの観ました。前にも観たはずなんだけど、まだ感想書いてなかったのであらためて書こうと思ったけど、すごい有名な話なのであえて書くこともなかったりします。あえて言うなら、団塊世代のおっさんががんばる話は珍しいので、それだけで好評価します。

最近のガンダムとかも見習って欲しいです。

      • -

機動戦士ガンダム00

最終回まで@1回。もうスルーされると思っていた「ロシアのあなぐま(団塊世代のおっさん)」の話がぶり返されたりしたので、それだけで好評価します。それだけで、自分の中のガンダムランキング最下位は免れた感がありますが、まだまだ最終回までは気がぬけません。

てゆか、皮肉にも昨夜NHKの番組で富野由悠季が言ってた「世代間に対人コミュニケーション不全が存在するのは当然」的な命題が、あなぐまとそのせがれの物語のオチになっちゃてました。「言わなきゃわからない」と「言わなくてもわかれ」の間にあるジレンマは、若者にも老人にも共通のモノなんだろうね。

富野の場合、そういうのを台詞に出さずに説明するから凄いんだけど。『00』の脚本の人は、全部キャラクターに台詞でしゃべらせて説明するんですよね。その方がわかりやすいし、曲解もされにくいから商売には向いてるんでしょうけど。推論や逆説の余地のない話は全然面白くない。

おかげで、ビリーの言ってることが全部正論に聞こえました。ソレスタルビーイングの方がどうみても危険思想です。たぶん、そのジャッジは被災者である貧乏姫に託されてるんでしょうけど、「自由は別になくてもいいけど、毎日ごはんが食べられればそれでいい。あとできればテレビも欲しい。」とか言うぞアイツ。

      • -

結局、からあげは電子レンジで仕上げました。油が落ちたからまぁいいか。