泥船てすかとりぽか

FC2ガ沈ムマエニ逃ゲダシマシタ。

『ザ・フォール/落下の王国』 ついった

ザ・フォール/落下の王国

2006年公開のインド、イギリス、アメリカ合作映画。ターセム・シン監督作品。

20カ国でロケーションを敢行し、多数の世界遺産が登場、CGを使用せず創りあげた圧倒的な映像美。

という知識を事前に仕入れてから見ないと寝るかもしれない、前置きの必要な作品。事前に「フル3DCGで創りました!」とか、「ワイヤーアクションは一切使ってません!」という"前置き"をアピールすることによって、凡庸な内容の映画でもその裏側の苦労を想像させ、凄い映画に魅せるというのはよくあるマーケティング手法。

でも、この作品の場合、その前置きが実にささやかで、謙虚。

逆の言い方をするなら「売る気あるのか!?」とも思えますが、「そのナイトは謙虚なナイトで人気者」と稀によく言われることもあり、謙虚なことは素直にいいことです。とにかく、全てのシーンがCGでも合成でもなく、実際にその実在する場所でロケしたものだと知って観ることで、この作品の凄さを理解することができます。

単純に、マイナーな世界遺産探訪映画として観るにもいいかもしれません。

いや、むしろDVD特典として、ロケに利用した世界遺産の軽い紹介ムービーでものっけてくれたら好かったのにと。個人的にわりとそういうナショジオ的な番組は好きだし、もっとマイナーな世界遺産を色々観たいですし。民放でやる世界遺産特集って、いつも同じところばっかでいい加減見飽きました。五彩池とかマチュピチュとか。

逆に、「人気の世界遺産ワーストランキング」とか、下の方を観てみたいです。「えーこれが!?」みたいな。

      • -

"ゲーム会社の電話対応に激怒! 態度が悪いと祭りに発展「運営が謝罪」"

「この件について何か言わないの?」と聞かれて。実際、こういう韓国系のゲーム会社にいたことがある自分としては、「何でこんなことになった?」のかは明確過ぎるほどわかりますが、(そうならないための対策は、普通の会社ならどこでもわかると思いますけど。)何言っても問題発言になるので黙っておきます。

もう、「あの人たちとは違う。」としか。

      • -

友人に薦められ、「ツイッター」というものをはじめてみました。
とりあえず、何か面白いネタを見つけたら、てきとーに書けばいいのですね。
日記のネタにすら困っているというのに、そんなに小出しにできるネタはなさそうですが。

IDは「budoukyukin」です。