読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泥船てすかとりぽか

FC2ガ沈ムマエニ逃ゲダシマシタ。

『ウルトラヴァイオレット』 もっと輝け

えいが

ウルトラヴァイオレット

2006年のアメリカ映画。カート・ウィマー監督。

超人的な身体能力をもつヴァンパイアの主人公が、剣と銃で闘うスタイリッシュ・バイオレンス・アクション。

っていう肩書きの映画・アニメ・ゲーム作品があまりにも多かったためか、正直「またかよ!」的な感じで公開当時完全にノーマークでしたが、たまたま昼間テレビでやってたのを録画して観てみましたところ、これが何かと個人的なツボで面白い。というか、監督さんの名前をみてみれば、『リベリオン』の人じゃないっすか。

おそらく本作の売りであるVFXを駆使した映像やアクションは、思うに劇場版仮面ライダー程度。

しかしながら、過剰なまでに「スタイリッシュであること」を意識したカメラワークやポージングの凝り具合は、見ててる方が恥ずかしくなるほどダサくてカッコイイ。『ベヨネッタ』とかの「スタイリッシュ(笑)」は、製作者が意図したギャグなんですけど、本作を撮ってる人たちはおそらくマジで本気なのが感じられます。

ガイアが俺にもっと輝けと囁いている。

そんな思いの製作者たちが、すごく楽しそうに撮影している様子が浮かんできてしまいます。パイレーツすらも食い殺すワイルドさ。ここからが俺の伊達ワルレジェンドのはじまり。知ってたか?孔雀は堕天使の象徴なんだぜ。そんなDA★天使たちの呼び声に触発された絶対零度の映像美に酔いしれな!!って感じです。

いや、ほんと、馬鹿にしてるんじゃなくて、ほんとに面白い映画でしたよ。ほんと。

逆に、今日TSUTAYAから届いたコレと似たような映画『ラスト・ブラッド』の方が、もう観ないで返却するかどうしようか悩むほどの期待度。嗚呼、こんなことなら『ゴッドイーター』買ってくるんだった。でも、『ダンテズ・インフェルノ』を買う予定だし、『シュタインズゲート』もまだ終わってないし。明日がんばろうっと。