読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泥船てすかとりぽか

FC2ガ沈ムマエニ逃ゲダシマシタ。

『iPhone』 独白

金曜日にテレビでやってたナウシカ観ました。もう何度目だって話なので感想は割愛して近況報告。

iPhone』を買いました。あんなにソフトバンクとアップルを毛嫌いしていたのに…です。
今日は、その言い訳というか、過去の清算というか、独白になります。

もう3年ほど使っていた携帯電話が、3日ほど前に急にウンともスンとも言わなくなって、その後あきらめずにボタンをポチポチ押してたら、一瞬だけ立ち上がっては、また落ちるというような状況になってしまいました。「お母さん!おじいちゃんが!おじいちゃんが目を開けた!」と言った瞬間にまた目を閉じてしまうおじいちゃんのように。

まぁ、寿命かな。ソニー製だし。タイマー製だし。GK乙。

それで、auケータイでの機種変を考えて調べてみたところ、ソニエリのなんかバロックワークスみたいな名前の新型のかっこいいのが良いらしいので、さっそく新宿のヨドバシで触ってきました。うん、確かにかっこいいです。でも、値段が4万円ぐらいするのです。4万も払えばスマートフォンとか買えんじゃねと。スマートフォン脳にシフト。

自分「すいません。スマートフォンください。」
店員「auスマートフォンはありませんよ。」

あー。そういえば「ウチはそんなフォンでは勝負しない。」ってauのえらいひとがいってたような気がする。厳密に言えば、なんとかっていう1機種だけ出てるんだけど、とてもスマートとは言えない性能で、なかったことになってるということも思い出した。なるほど理解した。それが世界の答えということか。さようならau。さようならKDDI

そういうわけでスマートフォンというものを物色。先日、ヴァナディールで会った兄が「グーグルフォンを買った。」と自慢してきたので、ドコモの店で「グーグルフォンください。」と言ったら、「ハァ?」と言われたので。いや、冗談じゃなく本当に「ハァ?」と言われたので、もう涙でグズグズになりながら店を後にしました。さようならドコモ。

まぁ、後で調べたら「グーグルフォン」というのは機種名ではなかったんですけど。

残るはソフトバンクソフトバンクっていうと、なんというか光通信時代から汚い商売をしてきたイメージが強くて好きじゃなかったんですけど、最近はイメージ戦略も強めてきたせいか、なんとなく許せるようになってきました。何より、KDDIよりははるかに企業努力が見えるって点では好意的です。店員もちゃんした人が応対してくれたし。

Yahoo!BB時代、ヤクザのような商売してたのが嘘のような、素晴らしく丁寧な接客対応ぶりです。

しかし、問題はソフトバンクスマートフォン=『iPhone』ということ。アップル製!憎い憎いアップル製!この個人的なアップルに対する憎しみは、もう10年も前に使っていたMacに起因するものであります。もう、そうした事象の具体例なんてほとんど忘却の彼方にありますが、茫漠とした想いだけは胸の内に燻っているのです。

USB対応周辺機器が全く出てない時期に、USB端子しかないG3 Macを売りつけられた恨みなのです。

おかげで、半年間はインターネットにも接続できず、完全にスタンドアローンなお絵かき機械と化したMacを、どんな思いで貧乏学生の自分が使っていたか、思い出しただけでもふつふつと湧き上がってくるものがあります。おかげで、その後は完全にWindows派になり、「iPodとかiPhone買うやつはGK!」と忌み嫌うようになったのです。

そんな自分が『iPhone』を買いました。
正直、性能に対する価格と維持費を考えた上での決断ですが。
自身の過去の鬱屈した魂に対するけじめをつけるためにも必要な儀式なのです。

いや、決して、断じてついったーとかスマップのCMに惹かれて買ったわけじゃないんですからね。