泥船てすかとりぽか

FC2ガ沈ムマエニ逃ゲダシマシタ。

『2012年』 好きな映画ランキング ベスト10

Twitterみてるとみんなやってるのでおでもやりたいお。

【2012年 好きな映画ランキング ベスト10】

■10位 『貞子3D』 : 作品の感想
200_20121231155847.jpg

『リング』はシリーズ通して死ぬほど好き。正直、脚本は滅茶苦茶だと思いますが、“特撮ホラーで全力の3D映画作ってやろうぜ!”って意気込みがビッシビシ伝わってきます。あと、毎回の貞子登場シーンがお笑いで言う“天丼(かぶせ)”にしか見えないので、ギャグとしてのレベルが異常なほど仕上がっています。

■9位 『アベンジャーズ』 : 作品の感想
200 (10)

ハルクファン(ハルキスト)として服がはち切れる程好き。あと、他のヒーローも好きですが、そいつらによってたかってボロ雑巾のようにされるロキが好き。出てきた瞬間から顔色悪くて、なんか薬飲んでそうで、月曜日休みそうなロキが好き。あと、ボロ雑巾のようにされるロキも好き。

■8位 『桐島、部活やめるってよ』 :作品の感想
200 (2)

ゾンビが好き。えっ、立派なゾンビ映画ですよこれ。“自発行動的ゾンビ VS 非自発行動的ゾンビ”って皮肉満載の。でも、かすみちゃん、ないわ。そいつだけはー、ないわ。これ観たあと『映画けいおん』観たらなんか妙に安心したわ。似たような女子4人組の話なのに。(゚Д゚)ハァ?とか言わないもん。

■7位 『ホビット 思いがけない冒険』 : 作品の感想
200 (3)

J・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』と『指輪物語』は小学生の頃から大好き。何の予備知識もなしに観ると、ひょんなことから主人公の家に押しかけてきた魔法使いと13人のドワーフたちによるハーレムラノベにも見えますが、あながちその認識で間違ってないという。ガンダルフの中の人的にも。

■6位 『悪の教典』 : 作品の感想
200 (4)

どこかのアイドルの方みたいに「こんな人が簡単に死ぬ映画、嫌いです!」みたいに良識ぶったことを言えば言う程、「私は蓮見先生のような裏表のある人間で、良識ぶってるとこも含めて全部計算です!」って告白してるようなものなので、もちろん自分はこの映画大好きですよ。大好きですとも。

■5位 『バトルシップ』 : 作品の感想
200 (5)

エイリアンが好き。あとハワイが好き。エイリアンとワイハが合わさって最強に見える。昨今のエイリアン映画におけるエイリアンがどんどん弱体化し、米軍とハリウッドの仮想敵としてちょうどいいレベルに落ち着き始めている、いわゆる“エイリアン戦力是正問題”の最たる作品という懸念はありますが、楽しいからいい。

■4位 『ダークナイト ライジング』 : 作品の感想
200 (6)

ベインが好きすぎて辛い。金持ちやリア充が嫌いで、「明日世界が滅べばいい」と常々思ってる俺らのヒーローですよベインは。その目的が一見壮大に見えてその実チンケで情けないとこなんかも等身大の俺らサイズで好いんですよ。バットマンやジョーカーよりはるかに好きです。ユニクロでベインTシャツ買ったし。

■3位 『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 : 作品の感想
200 (7)

冬月教授が枯れ果てるほど好き。

■2位 『プロメテウス』 : 作品の感想
200 (8)

エイリアンというより、そのアートワーク全般を手掛けるH・R・ギーガーの描くチンコチンコした世界観がもげるほど好き。何より、“出産”をテーマに描いた映画は『プルミエール 私たちの出産』など数多くありますが、ガチムチ男性型宇宙人の“妊娠”と“出産”を描いた作品は他にないです。頭おかしいです。

■1位 『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』
200 (9)

ギャバンは、人格形成の上でもっとも重要な幼少期に一番影響を受けたヒーローとして、好きなんて言葉じゃ表せないほど好き。そのギャバン初の劇場版作品を、今この歳になって観られるというのは、本当もう夢のような話。さらにヒーロー映画としての出来も完璧。文句なし今年のマイベストムービー。

■総括
去年の今頃は、2012年は『アメイジングスパイダーマン』か『アベンジャーズ』の2強だなーぐらいに思ってたんですが、予想以上に良作が多くて。次点として、『ウルトラマンサーガ』が予想以上で素晴らしかったです。『おおかみこどもの雨と雪』も、出来は素晴らしいですが、個人的には内容が辛すぎて…。

【ちなみに去年までのランキング】

■2011年の好きな映画ベスト10:詳細ページ

1位 『インモータルズ -神々の戦い-』
2位 『世界侵略: ロサンゼルス決戦』
3位 『スカイライン -征服-』
4位 『ザ・キング・オブ・ファイターズ
5位 『ブラックスワン
6位 『ソーシャル・ネットワーク
7位 『イップ・マン 葉問
8位 『リアルスティール』
9位 『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』
10位 『SUPER8/スーパーエイト』

■2010年の好きな映画ベスト10:詳細ページ

1位 『第9地区
2位 『ヒックとドラゴン
3位 『告白』
4位 『キック・アス
5位 『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
6位 『ハート・ロッカー
7位 『トイストーリー3』
8位 『インセプション
9位 『劇場版 涼宮ハルヒの消失
10位 『シロメ』

ちなみに、『シロメ』は今をときめく「ももいろクローバーZ(当時はZつかない)」が、紅白歌合戦出場を“シロメ様”という悪魔に祈願しにいくというフェイクドキュメンタリーなんですけど。この願いは2年越しで成就したんですよね。そういう意味で、是非今年の正月観る映画としてオススメの一本です。

では、よいお年を。