てすかとりぽか

おもにむかしのことが書いてあります。

『ポケモン日本一決定戦 本戦』ジュニアカテゴリー 最終5位 使用構築

budoukyukin( @budoukyukin )です。

2020年8月に開催された『ポケモン日本一決定戦 本戦』のジュニアカテゴリー(11歳以下)にて、長男(小5)が最終5位、次男(小2)が最終37位となり、折角なので構築記事とやらを書いてみました。ポケモンに関するテキスト書くこと自体初めてですわ。

f:id:budoukyukin:20200822123632p:plain

ポケモン日本一決定戦 本戦』は、『ポケモンジャパンチャンピオンシップス(PJCS)』が新型コロナで中止になってしまった代わりに開催されたインターネット大会で。ダブルバトル形式で競われます。

構築の主旨は、「イージーウィン」。

うちのキッズどもは息を吸うようにゲームをする2020年のゲームキッズど真ん中ですが、別にポケモンはそれほどやりこんでいるわけではない、所謂ビギナー。

ビギナーが何を感じたらそのゲームを好きになり、長く遊んでくれるようになるか?

「勝つことが楽しい」と感じることです。

筆者はゲーム開発でご飯食べてるので、ゲームのチュートリアルでは何をさせて、何を感じてほしいか?とか考える人なのですが。

対戦格ゲーなら、操作方法や必殺技コマンドを覚えるより前に「とりあえず前に歩いて大パン振って相手を倒せ!」を教え、それが楽しいと感じてほしい。

なので、キッズどもには「3値云々を覚える」より「勝つ楽しさを感じてほしい」ので、相談しながら「イージーウィン=楽に勝つ」を目指しました。

f:id:budoukyukin:20200822143738j:plain

参考にしたのは、ポケモン配信者ハミガキコさんがシーズン8で1位とられてた構築。
www.youtube.com

【参考にした理由】
1) やることが決まっていて使うのが楽。
2) 小学生みんな初手ダイマするでしょ。

1) は、ハミガキコさんご自身が動画の中で言われてましたが、兎に角使うのが楽。勝つときは勝つ、負ける時は負けるがはっきりしていて、疲れにくい。

「疲れにくい」の重要性はポケモンのオフ大会(PJCS2018)に初めて長男が出場した時に実感したことで。「他のジュニアの子達、一戦おきにスポドリ飲んで、バナナ喰ってる!」って気づきまして。

ポケモンて将棋と同じ頭脳スポーツなんだなあ…」って。今回の本戦も最大20戦ぐらいすることになると、そもそも「疲れにくい」は大事だろうな…と。

2) は、「相手のダイマックスを0ターンで終わらせる」という本構築のギミック以下詳細。

【基本選出】
バイバニラエルフーン
エースバーン/ウオノラゴン

ほぼこれ。初手「相手が明らかにダイマする並び(エルテラとか)」なら、エルフーン「すりかえ」でだっしゅつボタンをダイマ側にパス。バイバニラこおりのつぶて」。いずれも先制技なので、ダイマしたポケだちは行動0ターンで後方にバックしていきます。

「小学生みんな初手ダイマする」という偏見に基づいた戦法ながら、事前にレート戦で使ってもかなり有効に働いてました。(心の中で「ダイマしろ…!ダイマしろ…!」と唱えるとなおよい。)

ダイマするかわからん的な並びの場合では「おいかぜ+ふぶき」で、これも環境に刺さったイージー行動。後は、おいかぜ下のエースバーンとウオノラゴンで色々やらかす。

エースバーン・ゴリランダー・特殊アタッカー全般に強いヌメルゴンをウオノラゴンの代わりに出してもいいようにはしてました。

ガチトリルが来たらイエッサンでトリルとワイドフォースを両「ふういん」。一方的にワイドフォースで殴る楽しさを知ることができます。

ほんと教えた動きはこれぐらいで、あとは「初手ダイマする並び」「フリドラで即死するポケだち」「ガチトリルのポケだち」をホワイトボードに書いておいたぐらい。

今回の本戦で上位50位に入ることで来年PJCS2021の参加が確定するので、正直「半分勝てればOK」ぐらいの感覚でした。

(正直、将来プロゲーマーとか言ってる小学生は今すぐそのフォートナイトを横に置いてポケモンのダブルやれといえるぐらい、気軽に経歴作れると思うよ。)

なので、長男はレート1600超えたあたりで、次男とかたぶん3-4戦でちょっと勝ち越したあたりで終了してましたが、まさか5位と37位にねじこめるとは…。

で、ちょうど今これ書きながら本戦4位以上の人達が出れる決勝大会観てるんですが、ジュニアの上位レベルたっか…!

(あとジュニア上位の子の家、みんな居間ひっろ!ポケモンぬいぐるみ多っ!うちサメとゴジラのぬいぐるみしかねえぞ!)

うっかり4位内にすべりこんでたら大変なことになってました!というのが正直なところだけど、でも来年のPJCS2021ではこの子らとやり合う(本当は長男はジュニア最終年なんだけど、今年大会中止になったので、来年もジュニアらしい)ことになるので、まぁがんばってほしいです。

ちなみに、PJCS2018は長男だけ参戦、PJCS2019は二人とも予選抜けたけど学校の運動会と重なって不参加、今年は中止と割と不運は重なっているので、来年は新型コロナ落ち着いてオフ大会やれるようになってほしいなあ…と心から願っております。

あとオリジナルの各数値とかまではわからないのですが、だいたいで長男に組んでもらいました。(耐久一切振ってねえぞ!)

【構築詳細】
バイバニラ ゆきふらし きあいのタスキ 
おくびょう CS
ふふき/フリーズドライこおりのつぶて/ちょうはつ

エルフーン いたずらごころ だっしゅつボタン
おくびょう CS
ムーンフォース/おいかぜ/すりかえ/ちょうはつ

エースバーン リベロ いのちのたま
ようき AS
アイアンヘッドとびひざげり/とびはねる/ふいうち

ウオノラゴン がんじょうあご こだわりスカーフ
ようき AS
エラがみ/かみくだくげきりんサイコファング

イエッサン♂ サイコメイカー ナモのみ
ひかえめ CS
ワイドフォース/マジカルシャイン/ふういん/トリックルーム

ヌメルゴン ぬめぬめ とつげきチョッキ
ひかえめ CS
りゅうせいぐんヘドロばくだんかえんほうしゃ10まんボルト