泥船てすかとりぽか

FC2ガ沈ムマエニ逃ゲダシマシタ。

『第9地区』 ネタバレなし

第9地区

2010年のアメリカ映画。ニール・ブロムカンプ監督。

とりあえず、今回はネタバレ一切なしなのでご安心を。

朝一で観てきたばかりで、まだ興奮冷めやらぬ状態です。正直、何から書き始めたらいいのか見当もつきません。ストーリーに関しては、何を語ってもネタバレになりそうですからね。とりあえず、鑑賞直後の自身のツイッターの恥ずかしいログをそのまんま載せることから始めてみましょうか。

      • -

やっべ、最ッ高だよPJ!! [約2時間前 TwitBird iPhoneから]

動悸と手の震えがおさまらない…。まちがいないのは、ピーター・ジャクソン監督の最高傑作を今さっき更新してしまったということ…。自分の中でだけど…。 [約2時間前 TwitBird iPhoneから]

いーやまてまてまてまておちつけ。おちつけ自分…。自分の発言には責任をもて自分おちつけ…。そこのスタバでラテでも買ってのんでおちつけ…。 [約2時間前 TwitBird iPhoneから]

1.2.3.5.7.11.13.17.19.23.29.31.41… [約2時間前 TwitBird iPhoneから]

深呼吸 [約2時間前 TwitBird iPhoneから]

あっ!そうか!プロデューサーかっ!?助かった!!助かった!?何から!? RT @Aさん 監督はPJじゃないですよね! と水を差してみるテストww ぶどうさんの興奮が伝わってきました。いいなぁ、私も早く観たい! [約2時間前 TwitBird iPhoneから]

お…おちついてきましるた! スターバックスコーヒーなう! RT @Iさん おちついてええ!! [約2時間前 TwitBird iPhoneから]

いや、だって。PJ監督最高傑作ていったら自分の中では『ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間』なんで…。それを更新することが自分にとって何を意味するかというと…。マイフェイバリット映画作品の更新てことですよ!? [約2時間前 TwitBird iPhoneから]

そんな人生の記念日を今日みたいな日に決めてしまうのは流石に悩ましい。何より今後「一番好きな映画何ですか?」って聞かれた時、コレって答えたら殆どの人との関係がその時点をもって終了するおそれがあります。 [約2時間前 TwitBird iPhoneから]

とりあえず、お昼ご飯はステーキ買って帰ります。 [約2時間前 TwitBird iPhoneから]

      • -

え、えーと。どこからフォローしようか…。

まず、公式サイト見たら、P・ジャクソン「製作」じゃねえかよ!何が「あっ!そうか!プロデューサーかっ!」だよっ!知ったかぶってんじゃねーよ!何が「子供の頃からP・ジャクソン監督のファンなんです〜♪」だよっ!恥を知れ恥を!いやでも、事前に何も情報入れずに行ったもんでほんとすいません。

でも、正直まだ「一番好きな映画」と認識しそうな勢いは残ってるんですよ本当に。

何せ、エイリアンにミリタリーにスナイパーにロボットにドキュメンタリーにギャングに呪術にバカにグロに血に肉片に内臓に汚物に家族愛にと、自分が好きな映画の要素が全部詰まってます。過去こんな充実した映画は一本たりともない。強いて似てる映画をあげるとするなら、P・ジャクソンのデビュー作『バッド・テイスト』。

"『バッド・テイスト』(きまぐれムービーシアター)"

バッド・テイスト』は10年以上前に観て度胆を抜かれた作品ですが、当時はこの監督(出演も)が、当時から好きだった『指輪物語』の映画化を成し遂げ世界的なヒットメーカーになってしまうとは夢にも思いませんでしたよ。今作も序盤からこのノリですっとばして来るんですね。劇場で腹かかえてヒーヒー笑ったのは何年ぶりでしょうか。

逆に、上記サイトの『バッド・テイスト』の解説を観て笑えない人は、今作は絶対観ない方がいいです。

実際、前の席に20才ぐらいのカップルがいたんですけど。まぁ、一見『アバター』みたいなSF超大作に見えなくもないから、そのノリで観に来ちゃったのかもしれませんが。途中で彼女の方が半分泣きながら「もーやだー…かえろー…かえろー…」って言いだしちゃって。でも、彼氏は頑として動こうとしない。格好いい。

あ…。もしかして、そういう羞恥プレイなんだろうか…。
(そんな彼女の方も、終盤では画面に魅入ってましたけど。)

とにかく、カップルで観に行っていい映画では絶対にないことは確かです。ただ、家族愛という部分に関しては、そんじょそこらのヒューマンドキュメンタリー作品なんぞ足元にも及ばないぐらい深く重くクるもんがある映画なので、P・ジャクソン氏は『ロード・オブ・ザ・リング』を経て、とんでもない化物に成長したなーと痛感しています。

だからといって、ファミリーで観に行って好い映画ってわけでもないですからねっ!!

兎に角、今はこれから観る人のことを考えて、押し黙っておこうと思います。ちゃんとした感想やつっこみは、DVDが出てからにとっておこうかと思います。正直、つっこみどころ満載で、つっこみたくてウズウズしてるんですけれどね。夜中に酒飲みながら友達と一緒に観る映画としては間違いなく「マイフェイバリット」になりそうです。

※以下、2010年4月12日追記。

そして、結局DVD化を待てず、感想の続編“『第9地区』 暗黒E.T.神話”掲載しました。
今度は微妙にネタバレ含みますので、絶対に映画観てから観てください。