泥船てすかとりぽか

FC2ガ沈ムマエニ逃ゲダシマシタ。

『WALL・E/ウォーリー』

WALL・E/ウォーリー

2008年のアメリカ映画。アンドリュー・スタントン監督作品。

人類が汚染された地球を捨てて700年。量産型のゴミ処理ロボットであるウォーリーくんはひたすらゴミの片付けをしていました。ある日、上空から巨大な宇宙船が着陸し、中から白く輝くロボットEVE(イヴ)が現れます。やがて二人は仲良しになりますが、数日後EVEは回収されてしまい、彼女を追ってウォーリーも宇宙へ。

そんな『Fallout3』的な世界を見事なCGアニメーションで描いています。

ツンデレ?ロボットのEVEが、白丸に目書いただけの激単純なパーツだけで構成されているにも関わらず、ほんのちょっとだけ釣り目がちに描かれているのが素晴らしい。もう、それだけで何万語ものテキストを省略できる表現力があります。デザインってほんとに大事なんだなって再認識。

何より、ウォーリーもEVEも全く言葉をしゃべらないんですけど、ちゃんとその表情としぐさだけで、何言いたいのか子供にでもわかるように描いているのがすごい。ひと昔前の映像作品って、そういうの普通で好かったんですけど、最近は「なんでもかんでも言葉で伝えないと駄目!」っていう風潮が強いですよね。

単純に作り手の表現力が落ちたのか、はたまた観る側のゆとり具合に併せて意図的にレベルを下げたのかはわかりませんけど、個人的には好ましくない傾向だと思ってます。だからこそ、ディズニーみたいな超大手製作会社がこういう作品を提供してくれたっていうことはとってもいいことですね。

てゆか、起動音が旧Macのなのなウォーリー。

      • -

朝から寝ぼけ眼で『仮面ライダーディケイド』を観ていたら、いきなり「平成ライダー最強決定戦」やってて緑茶吹いた。単純なスペックを凌駕する性能をもつ超高速戦闘アビリティ、「555」のアクセルフォームと「カブト」のクロックアップのどっちかが最強?っていう論争をよく見ますが、まさにソレをやってました。

そもそも、時間遡行するアビリティとか持ってるやつもいるんで、誰が最強云々かはさておき、かつて全くの妄想にすぎなくて不毛だった(すっげ楽しいけど)そういう最強決定戦を、公式な作品で見られるっていうのは素直にいいなーと思いました。でも、今期は『侍戦隊シンケンジャー』のが好き。

ちなみに、歴代ライダー最強って話になると、宇宙破壊レベル笑の「BLACK RX」なんでしょうけど。
あれの中の人のてつをに滑舌と歌という弱点があるといえばあります。