泥船てすかとりぽか

FC2ガ沈ムマエニ逃ゲダシマシタ。

『XLink kai』 しくみは謎です

池袋の目医者にコンタクトレンズを買いにいったところ、なんか目の奥に傷っぽいものがあるらしく、網膜剥離の可能性があるので眼底検査をするとかしないとかになりました。網膜剥離なんてボクシング漫画における引退or失明フラグのためにある架空の病気だと思ってたんですが、本当にあるんですね。

それにしても、失明とかするとゲームができなくなるので困ります。せめて、もうちょっと電脳化が進んで、脳に直接D端子差し込んで、映像を投影できるようになってからにしてほしい。ていうか、その技術ってもう結構実用化されてるっぽいので、ちょっと楽しみ。

んで、なんか世界が明るくなる目薬をさして、なんか30分間待たないといけないらしく、暇だからPSPをやろうとしたら看護士さんに止められた。ちょ、30分間も何もしないでなんていられないよ!だってぼくらは心にELDORADO求める旅人でありたい。

でもまぁ、30分たって検査したところ、「今のところだいじょうぶ」という微妙に歯切れの悪いこといわれたので、じゃあコンタクトつけて平気ですか?あとPSPやって平気ですか?って確認だけとって即待合室でリオレイア狩りに行きましたとさ。


      • -

XLink Kai

なんでも、これを使うと家にいながらPSPのソフトで世界中のみんなと遊べるとかそういう話を聴いたので、無線LANアダプタを買ってきてセッティングしてみました。正直、セッティングが結構ややこしいので、色々調べるハメになりましたが、この「猫でもわかるXLink-kai」ってサイトが一番わかりやすく説明されてました。

んで、設定が終わっても、説明書きがほとんど英語なので、しくみが謎です。んでもまぁ、できるんならいいっしょ?って感じでつないでみると、本当に知らない人がいっぱい遊んでおるおる。イメージ的にはMSNメッセで特定のチャットルームを作って、そこがそのままPSPのゲームロビーになるような感じです。全然イメージ的な説明になってないね。

ただ、ここまで来て気づいたことに、PSPってキーボードついてないんだよね…。挨拶もなしに、いきなり他人のパーティに参加するのはまだまだ抵抗があるというか、年寄りだってことなんでしょうか。最近の若者はもっと奔放で積極的なんでしょうか。

でも、チャットが目的なら、ふつうのオンラインゲームやればいいだけの話だよな…と割り切る。とりあえず知ってる友達同士で遊ぶ分には(さらにスカイプとかボイスチャット使うって言うなら)、かなーり便利な環境だと思います。予算も無線LANアダプタの2,000円しかかからなかったし。駅前のマックで小中学生にまざるよりはましだと思います。