読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泥船てすかとりぽか

FC2ガ沈ムマエニ逃ゲダシマシタ。

『Mr.&Mrs. スミス』 受験生に

Mr.&Mrs. スミス

2005年のアメリカ映画。ダグ・リーマン監督。

テレビでやってるの観ました。ていうか、前にも人んちで観た気がするけどなんか忘れた。ブラピとアンジェリーナ・ジョリーがなんかイチャイチャする話。説明するのもおっくうなぐらい、本当に馬鹿でどうしようもない話。でも、あえてそれをやって世界的なヒット作品に仕立て上げてしまう、ハリウッドってやっぱすげーなー。

知能指数が低い映画」ってランキングがあったら、間違いなく1位になる作品ですね。

一応、個人的にはいろんな銃器がたくさん出てくる作品として、銃器図鑑を片手に勉強するつもりで見てました。それだって、かなり中学生っぽい見方だと思いますけど。あと、チョイ役で『Dr.House』のキャメロンが出てたので、何か活躍するのかと注目してたけど、一言二言しゃべっただけで何もしませんでした。

なんだろう、本当に書くことが何もない映画ですね。困ります。

夜中の2時過ぎに、暖房もつけずにガタガタ震えながら、えーっと他に何かなかったかなーとか思い返してみてはいますが、一向に何も浮かんできません。そんなことより、今テレビでやってる『NHK高校講座 世界史「西ヨーロッパ世界の成立〜教皇と皇帝〜」』の方が、はるかに面白いなーと思ってます。

神聖ローマ帝国における、教皇と皇帝の叙任権闘争とか、超おもしろいです。

カノッサの屈辱」の絵とか、『ギャグまんが日和』みたいで面白いです。「神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世」とか、「ローマ教皇グレゴリウス7世」の絵とか、どう見てもうすた京介先生がテキトーに書いた時のソレです。高校生の頃、今ぐらい世界史に興味を持って真面目に勉強してたなら…とか考えてしまいました。

そんな、あまりにどうでもよすぎ過ぎて、他のものがなんでも面白く感じられてしまう本作。
Mr.&Mrs. スミス』。勉強に興味をもてない受験生にオススメです。